海上保険について

 

  行政書士 日睨〔鎧務所   

 

    

 

 

輸出承認申請

基礎知識

輸出承認申請の流れ

申請書類について

事前審査制度について

海上保険について

バ−ゼル法概要

輸出関連法律

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日睨〔鎧務所

 

 

貨物海上保険 


 貨物海上保険は貨物に対する保険で、輸送中の貨物が何らかの事故によって損傷を受けた場合の修理費用や代替品手当て等の費用が補填されます。貨物海上保険の契約は、輸出者または輸入者が損害保険会社と行います。どちらが保険会社と契約するかはインコタ−ムズ(貿易条件)によります。通常、契約する際にお互いが話し合って決定致します。インコタ−ムズ(貿易条件)が、CIFの場合、海上保険は輸出者が負担する事になります。また、保険金額については、インボイス価額に希望利益として10%を加えた、CIF価額の110%を保険金額とするのが通常です。

 

ICCの保険条件 


 貨物海上保険には、ロンドンの保険業者協会が作成した「ICC約款」と呼ばれる保険条件が世界中で使用されています。ICC約款には、ICC旧約款とICC新約款があり、いづれも使用されています。

 

 

予定保険について 


  保険の申し込みを、輸出承認申請を行う段階にて行おうとしても、実際、船積みする日や正確な貨物の数量等が分からない為、「予定保険」と言うしくみがあります。予定保険とは、船積み前の時点で船積み予定日、予定数量で保険の申し込みを行い、後日、船積みを終えてから確定した情報を保険会社に通知する保険方法です。保険料の支払いは、「確定保険」に切り替わった後に行います。

 

包括予定保険(オ−プンポリシ−)とは 


 包括予定保険とは、予定保険をさらに拡大させて保険の申し込み方法で、企業が保険を付保する必要がある全ての貨物を対象に一括して予定保険を掛ける方法です。包括予定保険契約を締結すれば、予定保険の手配は省略され、確定保険の通知作業だけとなります。例えば、年間5000MTの使用済み鉛バッテリ−を数十回に分けて輸出する場合、5000MTの貨物に対して、包括予定保険を締結し、一回の輸出が完了する毎に、確定保険の通知作業を行い、保険料を支払うというものです。

 

 

 海上保険はどこの損害保険会社でも取り扱っておりますが、包括予定保険は、保険会社が引き受けを行うにあたり、企業の信用度を重視し、個人企業では引き受けて頂けない場合がございますので、詳しくは、損害保険会社にご相談下さい。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

輸出承認申請手続きの事なら

 

行政書士日睨〔鎧務所

 

TEL:0982-66-0224